日本の家電メーカーについて思うこと その1

日本の家電メーカーに活気がありません。一昔前なら家電と言えば日本製とまで言われていましたが、このところの不況ぶりはどうしたことでしょうか。かつて、我が家に初めてテレビを設置したときのことを思い出します。まだ白黒の時代でしたが、その存在は家中のありとあらゆる調度品の中でも一段と際立っていました。ドラマやスポーツ中継の合間に流れるコマーシャルは、大手家電メーカーの宣伝が中心であったことを思い出します。その後においても日本の匠の技は、新製品の開発と高付加価値化の手を緩めることなく世界の家電市場を席巻し続けます。家電製品と自動車の市場は、もはや日本の独壇場と言っていいほどの活況を呈していましたが、今の体たらくぶりは何とも言いようがありません。かつて、日本のある大手家電メーカーの社長として敏腕を振るった経済界のドンとまで言われたかの人物は、徹底した合理化と貪欲なまでの新技術開発で、それまで低迷していたこの企業を世界のトップレベルまで押し上げました。

復縁する方法とは

ダメージケアを改善しよう

スカイプを中国語で使うなら

相続税でわからないことがあればこちらまで

生花全国配送に対応している東京花壇 通販サイトはかなりよかった★